屋号: T&M
創業者: Tetsuyoshi Morikawa
国籍: 日本
連絡先: tandm@earth.nifty.jp
事業内容: 【私の仕事】
個人開発者として、アプリ開発を行っています。

発明家として、タッチデバイス用の画期的な新テクノロジーの研究を行っています。
【開発実績】
私の代表作「とことこなっちゃん」は、画期的なUIである「座標指定型自由曲線移動」を使用して通信対戦追いかけっこが出来る自信作です。この技術は、私が発明したスマホやタブレットのゲーム用UIで最も進化したUIです。「ツリー高原ゆき祭り3月」では、さらに進化した「座標指定型自由曲線移動1.1」を使用することが出来ます。

作品のラインナップは、個人ゲームアプリ開発者としては、世界トップクラスです。さまざまなジャンルのゲーム開発に精通しています。通信対戦ゲーム開発にも精通しています。
【テクノロジー】
「座標指定型自由曲線移動」
画面タッチだけで、上下左右移動、左右360°回転、物を動かす事が出来ます。さらに、近くをタッチするとゆっくり移動・ゆっくり回転、遠くをタッチすると速く移動・速く回転するアナログ入力になっています。つまり、タッチだけで、ゲーム機のコントローラーと同等の機能が実現されています。
「座標指定型自由曲線移動1.1」
アナログ入力で方向を選択して任意のアクションを実行する機能が追加されました。
「コンプリケイテッド・アニメーティング・オブジェクト・リアル・コリジョン・ジャッジング・システム」
パンチとパンチ、キックとキックがぶつかる程の見た目通りの衝突判定を実現した衝突判定システムです。
「シンクロナイズド・ツイン・コリジョン・ジャッジング・システム」
高速なリアルタイム・オンライン・シューティングを可能とする、通信同期システムです。
【開発環境】
私が開発したTMAlone(ティーエムアローン)を使用して、私のアプリは制作されています。TMAloneは、マルチプラットフォームに対応したアプリ開発環境です。これには、「座標指定型自由曲線移動」「コンプリケイテッド・アニメーティング・オブジェクト・リアル・コリジョン・ジャッジング・システム」「シンクロナイズド・ツイン・コリジョン・ジャッジング・システム」が全て含まれています。グラフィックのみならず、UIや通信処理が高度に強化されたすばらしい開発環境です。
【これからのTandM】
日本の開発者として、世界のITのタッチデバイスUIで世界最先端のテクノロジーを提供していきます。特許取得により、T&Mは世界のITで不動の地位を獲得するでしょう。
主要取引先: Apple Inc.
ソニー銀行


沿革: 2016年01月中旬 「座標指定型自由曲線移動」を1.1にバージョンアップ。
2014年04月01日 TandMの代表作「とことこなっちゃん」発売。
2013年02月中旬 タッチデバイス向け新UI「座標指定型自由曲線移動」発明。
2010年11月28日 日本の愛媛県でTandM創業。


T&Mの個人情報に関する方針

トップページに戻る